ホーム>開館20周年記念 フランソワ・ポンポン展(仮称)
メインビジュアル

開館20周年記念 フランソワ・ポンポン展(仮称)

日本で初めてとなるフランソワ・ポンポンの大規模な回顧展を開催します。ポンポンは、20世紀初め、なめらかで洗練された動物彫刻によりその歴史を革新しました。本展は、フランスの美術館からの借用作品を加え、初期から晩年までの代表作を紹介、さらに写真や絵はがき、道具などの豊富な資料を通して、ポンポンの美しい動物彫刻の誕生の背景と魅力に迫ります。


フランソワ・ポンポン《シロクマ》1923-1933年 当館蔵



フランソワ・ポンポン《猪》1925-1929年 当館蔵

[彫刻家のアトリエ(別館)]
フランソワ・ポンポン関連資料より
―石膏のひみつ―

観覧料:一般900円(720円)、大高生450円(360円)

運営

群馬県立館林美術館

期間

11/22/2021~1/25/2022

休館日

月曜日(ただし5 月3日(月・祝)は開館)詳細はこちらhttp://www.gmat.pref.gunma.jp/info/close.html

開催時間

9時30分〜17時(入館は午後16時30分まで)

開催場所

群馬県立館林美術館

〒374-0076 群馬県館林市日向町2003


関連リンク

群馬県立館林美術館(展示案内)