ホーム>永井一正 ポスターの見方・楽しみ方(仮称)
メインビジュアル

永井一正 ポスターの見方・楽しみ方(仮称)

グラフィックデザイナーの永井一正は、1960年に日本デザインセンター創立に参加し、多くの広告を生み出すだけでなく、1980年代後半からは、「LIFE」シリーズを発表し、「共生」というメッセージを広く伝えています。常にデザイン界の最前線で活躍してきた永井の当館所蔵の作品を通して、ポスターの見方や楽しみ方を学びます。


永井一正《永井一正展(馬)》 1989年 当館蔵


[同時開催]
近現代の彫刻 II

[彫刻家のアトリエ(別館)]
フランソワ・ポンポン関連資料より
―石膏のひみつ―

観覧料:一般620 (490円)、大高生 310 (240円)
※同時開催の「近現代の彫刻 II」もご覧いただけます。

運営

群馬県立館林美術館

期間

2/18/2022~4/2/2022

休館日

月曜日(ただし5 月3日(月・祝)は開館)詳細はこちらhttp://www.gmat.pref.gunma.jp/info/close.html

開催時間

9時30分〜17時(入館は午後16時30分まで)

開催場所

群馬県立館林美術館

〒374-0076 群馬県館林市日向町2003


関連リンク

群馬県立館林美術館(展示案内)