ホーム>たてびレポート-開館20周年を楽しむ展覧会-
メインビジュアル

たてびレポート-開館20周年を楽しむ展覧会-

館林美術館の開館20周年を記念して、収蔵品を中心に美術館のテーマ「自然と人間」を考えるとともに、新収蔵される予定の山口晃《深山寺参詣圖》を紹介します。また、現代作家の安部泰輔、星素子が館林美術館をテーマとした来館者参加型作品を制作展示し、美術館の内外で多くの方が参加可能な展覧会とする予定です。


星素子「中之条ビエンナーレ国際現代芸術祭2019」
地域参加型プロジェクト「中之条バトンをつくろう!」展示風景


安部泰輔個展「シャガール世界」展示風景
2013年 高知県立美術館

[彫刻家のアトリエ(別館)]
フランソワ・ポンポン関連資料より
―ポンポンの道を開いた彫刻家サン=マルソー

観覧料:一般620 (490円)、大高生 310 (240円)

運営

群馬県立館林美術館

期間

9/17/2021~11/6/2021

休館日

月曜日(ただし5 月3日(月・祝)は開館)詳細はこちらhttp://www.gmat.pref.gunma.jp/info/close.html

開催時間

9時30分〜17時(入館は午後16時30分まで)

開催場所

群馬県立館林美術館

〒374-0076 群馬県館林市日向町2003


関連リンク

群馬県立館林美術館(展示案内)